スバルのスポーツミドル、レガシィにリコールかかってます。

2012年4月9日から2014年6月17日までに製造された、全てのレガシィ、系10143台だそうです。

エンジンをコントロールするコンピュータのプログラムに不具合があって、プラグに火花が飛ばなくなり、最悪の場合はエンジンが停止する可能性があるとのこと。


最近の車は、なんでもかんでもすべて電子制御、つまりコンピュータで制御されているので、プログラムにちょっとでも不具合があると、このような事態が起きやすくなります。

その分、プログラムさえ書き換えれば正常になるんですけど。


現時点では市場で、4件の上記トラブルが発生したみたいですが、幸い事故にはつながってないようです。


該当車種に乗っている人は、早めにディーラーでプログラムの書き換えと、部品の点検をしてくださいね。