タグ:ハイビーム

ハイビームのタグが付いた記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

運転技術
車のヘッドライトには、ロービームとハイビームがあるのはご存じですよね?では通常、夜間走行で使用しているのは?まずほとんどの人が「ロービーム」だと認識しているのではないでしょうか。実はこれ、間違いです。夜間走行の基本は、「ハイビーム」です。ロービームは、対向車とのすれ違い用なんです。とはいえ、常に対向車がいる状態の街中では、いつもロービームにしているのが当たり前になっていますよね。もちろん、ハイビー...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ロービームとハイビームの意外な話


車のヘッドライトには、ロービームハイビームがあるのはご存じですよね?

では通常、夜間走行で使用しているのは?

まずほとんどの人が「ロービーム」だと認識しているのではないでしょうか。

実はこれ、間違いです。

夜間走行の基本は、「ハイビーム」です。

ロービームは、対向車とのすれ違い用なんです。

とはいえ、常に対向車がいる状態の街中では、いつもロービームにしているのが当たり前になっていますよね。

もちろん、ハイビームが基本とはいえ、ハイビームで街中を走れば迷惑千万、対向車にまぶしさという不快感を与えるだけでなく、事故の元になってしまいます。

ですから、対向車のいる場所では、ロービームで構わないのですが。

ただ、ハイビームは正確には「夜間走行用」のライトなんです。これだけは覚えておいてください。

なぜなら、ハイビームは約100メートル先を照らす事が可能ですから、歩行者や自転車、あるいは道路脇の駐車車両などを早く発見できるから夜間走行用なんです。

ロービームの場合は、40メートルから50メートル程度しか照らせません。

時速50キロで走っていて歩行者・自転車・障害物を見つけたときは、ブレーキを踏んでも間に合わない事になります。

夜間走行中、たとえ街中であっても対向車がいない場合は、必ずハイビームを基本にして夜間走行を行うように心にとどめておきましょう。

夜間走行の原則はハイビーム。 ロービームはあくまでもすれ違い用の前照灯
スポンサーサイト
Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。