タグ:バッテリー

バッテリーのタグが付いた記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

車:ハード
バッテリー・・・普段、あんまり意識しない所ですよね。バッテリー自体の寿命は、およそ3年~4年と言われています。これも製品別の個体差があるため、全てのバッテリーが何年、といいきれない所があります。従って、2年に1度の車検時に、バッテリーは新品に交換してもらうのがベストでしょう。バッテリーの寿命より重要なのが、バッテリーの使い方によるバッテリー上がり。最近の自動車は、もうほんとうに多くの電気を使用していま...

記事を読む

no-image

車:ハード
車のバッテリーというのは、現代の車にとってはなくてはならないもの。正直、今の車は半分、電気自動車のようなものです。従来のように、セルモーターや保安部品だけでなく、カーオーディオやカーナビ、テレビに車載DVD、大容量のアンプなどなど、バッテリーの守備範囲は大幅に広がっていますよね。それだけバッテリーは負担を強いられているわけです。特に、夜しか車に乗らない人に多いのが、バッテリーあがり。バッテリーは本来...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

自動車のバッテリーの寿命は?



バッテリー・・・普段、あんまり意識しない所ですよね。

バッテリー自体の寿命は、およそ3年~4年と言われています。

これも製品別の個体差があるため、全てのバッテリーが何年、といいきれない所があります。

従って、2年に1度の車検時に、バッテリーは新品に交換してもらうのがベストでしょう。


バッテリーの寿命より重要なのが、バッテリーの使い方によるバッテリー上がり

最近の自動車は、もうほんとうに多くの電気を使用しています。

ちょっと思い出しただけでも、カーオーディオ、カーナビ、パワーウィンドウ、保安部品(ライト・ウィンカー等)などなど。

従って、バッテリーそのものの寿命が来るより先に、バッテリー上がりを起こす車の方が圧倒的に多いのです。

バッテリーの寿命をまっとうできるくらい上手に乗れる人はほとんどいないでしょう。

特にバッテリー上がりを起こしやすいのは、

※夜にしか乗らない
※オーディオをチューンナップしている(大容量のアンプなどを積んでいる)
※セルモーターをまわす回数が多い(エンジンを切る・かける)
※10分も走らない事が多い


昔のバッテリーは、弱ってくるとライトが暗くなったり、インパネのバックランプが暗くなったりしたので、そろそろバッテリーの充電が必要だな、とわかったものですが、最近のバッテリーは死ぬ直前まで普通に動きます。

そして、ちょっと駐車場に停めて、用事を済ませてエンジンをかけようと思ったら・・・ウンともスンとも言わない・・

このように、今の車のバッテリーは、ある時突然死にます。
バッテリー上がりの兆候がないんですね。

その分、がんばって動いている期間は長くなっているので、長寿命をうたうバッテリーも多いのですが・・・。


バッテリーは、昼間に通常走行すれば、大体10分ほどで満タンに充電されるはず。

バッテリーがダメになるのは、満タンに充電されるよりも先に、多くの電力を使い切ってしまうから。

従って、上記のような人や、普段あまり車に乗らない人は、休みの日にはオーディオやナビのスイッチを切って、片道1時間くらいのドライブをするようにしてみてください。

バッテリーを上手に使う人は、2,3,回の車検でも交換せずに乗り通します。

ただ、ナビやオーディオが標準装備の今の車には難しい条件も揃っていますし、また前述のように、夜ばかり走る等の人も多いわけで、快適にカーライフを楽しむためには、車検毎にバッテリーを新品にするのが安心です。


スポンサーサイト

休みの日は、バッテリーの充電


バッテリーというのは、現代のにとってはなくてはならないもの。

正直、今のは半分、電気自動のようなものです。

従来のように、セルモーターや保安部品だけでなく、カーオーディオやカーナビ、テレビに載DVD、大容量のアンプなどなど、バッテリーの守備範囲は大幅に広がっていますよね。

それだけバッテリーは負担を強いられているわけです。

特に、夜しかに乗らない人に多いのが、バッテリーあがり。

バッテリーは本来、車を走らせながら充電もしているわけですが、ヘッドライトなどを使い続けているので、バッテリーの使用量を充電が上回らない事も。

そこで、休みの日はお昼にちょっと遠出などしてみてはどうでしょう。

半日走ってると、結構バッテリーは充電できます。

ただし、渋滞の道ばっかりだとあまり意味がありませんが。

遠出が無理な人は、バッテリー充電器などで部屋で充電してみてください。

よくバッテリーを車につけたままボンネットを開け、そこで充電している人がいますが、あれ、危険なんですよ。

車にはコンピュータ制御されているものがたくさん載ってますから、万が一ショートした時、コンピュータが飛ぶ場合も考えられます。

ガソリンの混合気の状態を決定しているのも、車に搭載されている小さなコンピュータです。

このような小さな基盤がたくさん、車には載っているので、ほんとうに万が一の時に、これらのコンピュータやセンサーなどを制御している電子部品が飛んだ時、物によっては走れなくなってしまいます。

もし、バッテリー充電器などで充電をされる場合は、バッテリーを車から外してから充電するようにしてくださいね。

面倒ですが(笑)

あと、バッテリーは充電中、水素ガスなどが発生しますので、火気厳禁ですよ。

また、バッテリー液が服などに付くと、その服、もう着られません。

なにせ、希硫酸ですから。

いや、イエローハットやオートバックスなどのカー用品の量販店に売ってる「バッテリー補充液」は、あれはただの精製水です。

飲む人はいないでしょうが、まあ、害のないただの水なんですが。

あれがバッテリーの中で電解されると、希硫酸に変化します。

ですから、バッテリーの中の水は絶対にこぼれないよう、細心の注意をもって扱って下さい。

長くなりましたが、バッテリーの充電器で充電する場合は、

★バッテリーは車から取り外すこと

バッテリー液は絶対にこぼれないよう注意する事

★充電中は水素ガスが出るので、火気厳禁!最悪、バッテリーが爆発する可能性もあります

これらに注意して、元気なバッテリーで快適にドライブできるようにしておきましょう。



Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。