曲がり角の先が見えない、片側1車線で、道路の幅も大きくない、そんなカーブでの正面衝突事故は結構多いものです。

一番の原因は、センターラインをショートカットしてくる車が多い事。

カーブの先が見えているならまだしも、見えないカーブでも平気でショートカットする車が多い事には驚きです。

万が一、センターラインをショートカットして対向車とぶつかった場合、100対0となる可能性が高いです。

そうなると、ショートカットした方が全ての責任を負う事になります。

リスクが高すぎるわけです。

見通しの悪いカーブでは、必ずスピードを落とす事が最低条件となります。

そして、カーブの最も外側(左側)を慎重に走行すること。

特に右カーブではショートカットしがちですが、ショートカットしたからといってそんなに時間稼ぎにはならないどころか、事故になった場合は一方的に自分の過失となります。

ですから右カーブは、車のボディーの左前を道の外側(ガードレール等)に合わせて大回りするような形を取ることです。

右カーブも左カーブも、お互いに道路の左端を意識して回れば、センターライン付近での接触は防げます。

見通しの悪い場所では、必ずこれらの事を守るようにして走行しましょう。