タグ:塗装

塗装のタグが付いた記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

洗車の達人
ここ数年、黄砂がひどくなってきましたね。昔から黄砂はあったのですが、ここ数年の黄砂はちょっとやっかいな代物になっています。その理由は、中国の急発展。中国は、ご存じの通り急速に経済発展を成し遂げてきました。そう、経済発展と同時に工業地帯が増えてきたんです。工業地帯が増えるという事は、工場が出す煙や有害物質も増えてきたということでもあります。今までの黄砂は、ゴビ砂漠などから巻き上げられた砂が日本まで来...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None


ここ数年、黄砂がひどくなってきましたね。

昔から黄砂はあったのですが、ここ数年の黄砂はちょっとやっかいな代物になっています。

その理由は、中国の急発展。
中国は、ご存じの通り急速に経済発展を成し遂げてきました。

そう、経済発展と同時に工業地帯が増えてきたんです。


工業地帯が増えるという事は、工場が出す煙や有害物質も増えてきたということでもあります。

今までの黄砂は、ゴビ砂漠などから巻き上げられた砂が日本まで来ていた、つまり、単純に砂の成分だけに近かったのですが、ここ数年の中国の工場の乱立によって、砂+化学物質がくっついた状態で日本上空まで届いているんです。

この化学物質付きの黄砂の場合、に降り積もってから時間が経つほど取れにくくなります。

おそらく、みなさんも気付いている事でしょう。
明らかに昔の黄砂と違って、最近の黄砂は洗い流し難い事を。


従って、黄砂がに積もったら、極力早めの洗車が必要です。

黄砂が積もったは、ガソリンスタンドの洗車機には入れないほうがいいです。

ガソリンスタンドの洗車機は、車への最初の水かけの水量が明らかに少ないんですね。

つまり、少ない水の量で洗車機のブラシを回すわけですから、黄砂が車の塗装に残ったまま引っかき回してキズをつける事になります。

黄砂やひどい汚れの場合は、洗車場や庭先で、絶対に手洗い洗車をしましょう。


まず、たっぷりの水(ウォーターガンがベスト)で車に積もった黄砂とホコリ、汚れを一気に大まかに洗い流してしまいます。

ここが最も重要で、あとは通常の洗車の方法と同じでも構いません。


黄砂がひどいときの洗車の重要事項は、

1,黄砂に気付いた時点で、極力早く洗車をする時間をつくる
2,最初にたっぷりの水量(ウォーターガンがベスト)で時間をかけて黄砂と大きな汚れを落とす


化学物質の付いたままの黄砂を長い時間ほおっておくと、必ず後からウォータースポットのような影響が出てきます。

黄砂の季節の後には、塗装の状態がおかしいからとバフィング(塗装の磨き)依頼が、カーエステやカーショップには大変たくさん来るそうです。

黄砂は早めに落とすようにしましょう。
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。