自動車の所有者が変わる場合の手続きは、名義変更または移転登録と呼ばれます。

一般的には「メイヘン」と呼ばれていますね。

名義変更する場合、前所有者及び新所有者の両者が書類を揃え、新所有者の所轄の陸運局での手続きが必要となります。
当然、車検証の変更申請も必要となります。

本来、こうした手続きは本人達が陸運局へ出向いて行うべきなのですが、一般的には委任状を作成して代理人が手続きをしているのがほとんどですね。
名義変更は、自動車が譲渡されてから15日以内にしなければなりません。


「前所有者が用意する書類」

※車検証
自賠責保険証明書
印鑑証明(3ヶ月以内のもの)
※実印(代理人手続きの場合は委任状
譲渡証明書

「新所有者が用意する書類」

※車庫証明(1ヶ月以内のもの)
※自動車税申告書
※自動車所得税申告書
委任状(代理人が手続きする場合)
※手数料納付書
※申請書
※住民票(3ヶ月以内のもの)

ほか、新所有者と、名義変更後の車の使用者の名義が異なっている場合には、新所有者の住所を証明する印鑑証明書および住民票、実印を押してある委任状等必要になります。