タグ:撥水剤

撥水剤のタグが付いた記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

洗車の達人
今現在、液体ワイパーという別名もあるほど便利なガラスコーティング剤を使用していない人のほうが少ないのではないでしょうか。ここで言うガラスコーティングとは、本格的なものではなく、ホームセンターやカー用品の量販店(オートバックス・イエローハット・モンテカルロなど)でも売っている、洗車後に自分で塗り込むタイプのものをいいます。ガラスコーティング剤は、正しい使い方をしないと実は性能を発揮しません。多くの人...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ガラスコーティングの正しい知識


今現在、液体ワイパーという別名もあるほど便利なガラスコーティング剤を使用していない人のほうが少ないのではないでしょうか。

ここで言うガラスコーティングとは、本格的なものではなく、ホームセンターやカー用品の量販店(オートバックスイエローハットモンテカルロなど)でも売っている、洗車後に自分で塗り込むタイプのものをいいます。

ガラスコーティング剤は、正しい使い方をしないと実は性能を発揮しません。

多くの人は、洗車後にきれいに水分を拭き取り、ガラスコーティング剤を塗り込んで乾いたら拭き取って仕上げる。

もちろん、全体的な流れは正しいのですが、一つ足りないところがあります。

それは、洗車後。

洗車してガラスもキレイにしたつもりでも、実は前に塗ったガラスコーティング剤の残りの皮膜や油汚れ、鉄粉などが必ずついています。

この上に新たにガラスコーティング剤を塗り込んでも、前述のよごれが残っている場所の上にかけたコーティング剤は、ワイパー数回ではがれ落ちてしまう事もあります。

ようするに、ムラが多い皮膜になっているわけです。

洗車後、キレイに見えるガラスは、必ずガラスコンパウンド(商品名としては「キイロビン」など)でガラス表面の汚れを完璧に落とし、ガラス本体の下地を出さなければ意味がないんです。

つまり、洗車→ガラスコンパウンドでガラス下地を出す→ガラスコーティング剤を塗る

この行程をしなければだめです。

注意点として、ガラスコンパウンドなどで完璧に下地を出したガラスは、ガラスコーティングを塗るまでに絶対に手で触ったりしないこと。

手でガラスを触った部分には、皮脂がつき、そこだけガラスコーティング皮膜にムラがでますし、ムラが出たところを起点にしてコーティングははがれやすくなります。

さて、ガラスコンパウンドでキレイにしたガラス、そしてガラスの周りのゴム部分は、完全に水分を落としておきましょう。

ティッシュなどで、ガラス周りのゴム部分の水分もきっちりと落として乾いた状態でないと、ガラスコーティング剤と水分が混じるとコーティング皮膜は弱くなります。

ガラスコーティングはなるべく薄く塗ること。

不安だからといって厚く塗っても、乾いて皮膜となる層の厚みは塗る量に関係なく一定ですから。
ワックスと一緒ですね。

また、厚く塗るほど拭き取る時に時間と手間がかかり、また拭き残しがあると、そこだけギラつきますよ。

個人的には、この手のガラスコーティング剤の火付け役となったレインXとそのシリーズが最も効果が高いと思いましたね。

あとは、ガラコとそのシリーズもまあまあオススメですね。

昔、知り合いに聞いたのですが、レインXは自衛隊関係のヘリコプターやヘリ管制塔なども窓にも撥水剤として使われているそうです。






スポンサーサイト
Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。