車庫証明という言葉は、自動車を所有したいと考えた事のある人なら誰でも聞いたことがあると思います。
車庫証明は、保管場所法という法律に基づき、自動車の登録時には必ず車庫証明が義務づけられ、自動車を保管する地域を所轄している警察署で手続きを行います。

ではなぜ車庫証明は必要なのでしょうか?目的はなんなのでしょうか?

元となる保管場所法の目的が、道路を使用する上での適正化、危険防止、交通円滑化を目的としています。
自動車は道路を走っている時だけでなく、とまっている時も場所を取っているわけで、停車して数時間以上は動かないとわかっているのに、道路に停めているとそれは危険な存在となりますよね?

従って、普通車に限り、自動車を駐車している時の安全な保管土地、あるいは保管場所を獲得しておかなければならないのは当たり前といえば当たり前の事となります。

現時点では、普通車に関しては絶対に車庫証明が必要ですが、軽自動車に関しては必要でない場合もあります。

軽自動車でも車庫証明が必要な地域はこちらから確認しておいてください。
↓   ↓   ↓
軽自動車でも車庫証明が必要な地域




.