タグ:都道府県条例

都道府県条例のタグが付いた記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

車:ハード
今年の10月に、ナンバープレートにはどんなカバーも取り付けは禁止となります。今までは野放し状態だったナンバープレートカバーですが、平成22年10月からはたとえ赤外線吸収機能がない、ファッション目的のカバーであっても違反となります。そして、罰金も50万円以下と大変厳しくなります。なぜナンバープレートにカバーをつける必要があるのか?それはつまり、オービスなどの写真に写らないようにするために他なりません。明らか...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ナンバープレートカバーで50万円以下の罰金


今年の10月に、ナンバープレートにはどんなカバーも取り付けは禁止となります。

今までは野放し状態だったナンバープレートカバーですが、平成22年10月からはたとえ赤外線吸収機能がない、ファッション目的のカバーであっても違反となります。

そして、罰金も50万円以下と大変厳しくなります。

なぜナンバープレートカバーをつける必要があるのか?

それはつまり、オービスなどの写真に写らないようにするために他なりません。

明らかなスピード違反や、自動車を使った犯罪を犯すのでなければ、オービスに撮られる心配など無用のはずなんですけどね。

現在、赤外線吸収機能のあるナンバープレートカバーをまだつけている車を時々見かけます。

ぶっちゃけた話、そういった車は「犯罪者が乗っています」と周りにアピールしているようなものです

また、単なるファッション目的で、赤外線吸収機能のないかわいらしいカバーをつけている人もいますが、10月からは違反であり、罰金及び点数も引かれるようになると思います。

特に罰金の額は、今までの5万円以下から50万円以下とはねあがりますよ。

これは、今までは赤外線吸収機能のあるナンバープレートカバーをつけた事による違反は、都道府県条例に反する、というものでしたが、10月からは道路運送車両法の元での違反となります。

法規の格上げがあるわけです。

おそらく、10月が近づくにつれ、ナンバープレートカバーに対する警告が徐々にアナウンスされるようになるとは思いますが、現在ファッションなどでつけている人も、ナンバープレートに関するファッションはあきらめるしか方法はありません。

犯罪に使うわけでもないのに、50万円以下もの罰金を取られていたのではわりに合いませんからね。

忘れないうちにナンバープレートカバーははずしておきましょう。




スポンサーサイト
Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。