カテゴリ:車庫証明について

車庫証明についてのカテゴリ記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

車庫証明について
軽自動車の場合は、車庫証明が必要な地域と車庫証明はいらない地域があります。軽自動車の場合は、「届け出」という形になり、受理された時点で許可がおります。届け出を出した時点で証明書が交付され、ナンバー取得後15日以内に届け出を出さなければなりません。軽自動車でも車庫証明が必要な地域の確認はこちらから↓    ↓    ↓軽自動車の保管場所届出義務等の適応地域車庫証明の条件は普通車の場合と同じで、道路以外・...

記事を読む

no-image

車庫証明について
自動車を購入した時は、車庫証明が必要ですが、どのような流れで車庫証明を申請するのか、その流れを追ってみましょう。「自動車を保管する場所を確保する」まず初めに、自動車を置く場所(土地等)を確保しなければなりません。車庫証明を取得するための保管場所としては、道路以外で道路から簡単に出入りできること自動車全体が保管できること使用者の住居から2キロ以内という条件が満たされなければダメです。「書類の準備 作...

記事を読む

no-image

車庫証明について
さて、車庫証明に正式な名前があるのかどうか?、まあどうでもいい話でしょうが、一般的には「シャコショー」と呼ばれていますよね?正式には、「自動車保管場所証明」となります。ここでは車庫証明と呼んでいきますが、車庫証明を取る際に必要な書類等は、都道府県によって若干違いがある場合もあるので最終的にはご自分でも確認が必要ですが、大体これらが必要というものをご紹介していきます。まず必ず必要となるのは「車検証の...

記事を読む

no-image

車庫証明について
車庫証明という言葉は、自動車を所有したいと考えた事のある人なら誰でも聞いたことがあると思います。車庫証明は、保管場所法という法律に基づき、自動車の登録時には必ず車庫証明が義務づけられ、自動車を保管する地域を所轄している警察署で手続きを行います。ではなぜ車庫証明は必要なのでしょうか?目的はなんなのでしょうか?元となる保管場所法の目的が、道路を使用する上での適正化、危険防止、交通円滑化を目的としていま...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

軽自動車の車庫証明の場合は?


軽自動車の場合は、車庫証明が必要な地域と車庫証明はいらない地域があります。

軽自動車の場合は、「届け出」という形になり、受理された時点で許可がおります。
届け出を出した時点で証明書が交付され、ナンバー取得後15日以内に届け出を出さなければなりません。


軽自動車でも車庫証明が必要な地域の確認はこちらから
↓    ↓    ↓
軽自動車の保管場所届出義務等の適応地域

車庫証明の条件は普通車の場合と同じで、

道路以外・車全体が入るスペース・簡単に道路に出入りできる・使用者の住居から2キロ以内

となっています。


交付申請にかかる収入証紙代は500円~600円です。
書類に貼って、提出したら終了となります。

軽自動車は届け出をした時点で証明書が交付されるので、普通車に比べて簡単ですね。









スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

普通車の車庫証明 取得までの流れは?



自動車を購入した時は、車庫証明が必要ですが、どのような流れで車庫証明申請するのか、その流れを追ってみましょう。


「自動車を保管する場所を確保する」

まず初めに、自動車を置く場所(土地等)を確保しなければなりません。
車庫証明を取得するための保管場所としては、

道路以外で
道路から簡単に出入りできること
自動車全体が保管できること
使用者の住居から2キロ以内

という条件が満たされなければダメです。


「書類の準備 作成」

車庫証明をとるための書類作成の準備をしましょう。
必要書類(車検証コピー、印鑑証明、住民票)などは用意しておきましょう。
所轄の警察署または陸運支局へ出向き、車庫証明申請書類を一式もらいます。
無料のところと有料の所があるようです。

「書類を申請~書類の交付まで」

3000円前後の収入証紙がかかりますので、作成した書類と共に用意して警察署へ行きます。
収入証紙を書類の所定場所に貼り付け、窓口で申請して今日は終了です。
3日~5日程度までには車庫証明が完成しますので、完成してからもう一度足を運ぶ必要があります。


保管場所を申請すると、実際に保管場所は警察の方で確認し、問題なければ交付されますが、問題がある場合などは許可が下りない事もありますので、書類には不備のないように記入しましょう。
また、実際の保管場所は見ずに、書類審査だけのところも結構あるみたいです。








車庫証明の申請は各都道府県警察署窓口へ


さて、車庫証明に正式な名前があるのかどうか?、まあどうでもいい話でしょうが、一般的には「シャコショー」と呼ばれていますよね?

正式には、「自動車保管場所証明」となります。

ここでは車庫証明と呼んでいきますが、車庫証明を取る際に必要な書類等は、都道府県によって若干違いがある場合もあるので最終的にはご自分でも確認が必要ですが、大体これらが必要というものをご紹介していきます。

まず必ず必要となるのは「車検証のコピー」「印鑑証明書」「住民票」となります。
保管場所によっては「委任状」なども必要になるかもしれませんが、上記3つを揃えておけばだいたいオーケーでしょう。

書類については各警察署の窓口で配布しています。

手数料を払うことで、自動車を購入したディーラーや中古車屋で車庫証明は代行してくれるところがあります。
手間と時間を考えると、1万円程度でできますので代行してもらったほうが普通はお得だという事です。








車庫証明とはどんな目的で定められてる?


車庫証明という言葉は、自動車を所有したいと考えた事のある人なら誰でも聞いたことがあると思います。
車庫証明は、保管場所法という法律に基づき、自動車の登録時には必ず車庫証明が義務づけられ、自動車を保管する地域を所轄している警察署で手続きを行います。

ではなぜ車庫証明は必要なのでしょうか?目的はなんなのでしょうか?

元となる保管場所法の目的が、道路を使用する上での適正化、危険防止、交通円滑化を目的としています。
自動車は道路を走っている時だけでなく、とまっている時も場所を取っているわけで、停車して数時間以上は動かないとわかっているのに、道路に停めているとそれは危険な存在となりますよね?

従って、普通車に限り、自動車を駐車している時の安全な保管土地、あるいは保管場所を獲得しておかなければならないのは当たり前といえば当たり前の事となります。

現時点では、普通車に関しては絶対に車庫証明が必要ですが、軽自動車に関しては必要でない場合もあります。

軽自動車でも車庫証明が必要な地域はこちらから確認しておいてください。
↓   ↓   ↓
軽自動車でも車庫証明が必要な地域




.

Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。