夕方、暗くなるのが早くなってきましたね。

ところで、最近、明らかに真っ暗になっても、平気で無灯火で走っている車が増えたような気がします。

無灯火の車が増えた原因の一つは、夜の街が明るくなっているために、前照灯(ヘッドライト)を点けなくても前方の視界が確保されているため、自分が無灯火なのに気付かない事。

これは明らかにドライバーのミスによるもので、気をつけておかなければなりません。

ヘッドライトやテールランプを光らせて走る事の意義は、自分が前方を見る事も当然ですが、他人が見たときに自分の存在を知らせるという意味もあります。

どちらかというと、こちらの方が意味が大きいのです。

無灯火で、しかも黒い車だと、明らかに暗闇を忍者のごとくすごいスピードで近寄ってきているのと同じですから、周りの人が見えてないと、思わぬ動きをする事があります。

通常ならかなり前で気付くものが、直前でないと気付かない、そんな状況でギリギリの運転動作を行えばどういう悲劇が待っているか・・・。

寒い季節は特に、意識して早めのヘッドライト点灯を心がけるようにしましょう。

また、無灯火の車が前方から近づいてきたら、パッシング等で知らせてあげる事もよいでしょう。




 カテゴリ
 タグ
None