タイヤローテーションってご存じでしょうか?

特にFF車(前輪駆動車)の場合、後ろのタイヤはいってみればくっついているだけなので、前輪に比べると後輪はあまり負荷がかからないわけです。

つまり、ずっとタイヤローテーションをせずに乗っていれば、前輪だけが早くタイヤの山がなくなってしまうわけですね。

FF車は前輪で、駆動も舵取りも行うので当たり前なのですが。

したがって、FF車は特にですが、FR車でもやはり駆動輪は摩耗が大きいので、タイヤのローテーションをしてやる必要があります。

右前と右後ろを入れ替える、というようにすれば間違いありません。

他にも、右前と左後ろというように、クロスさせてタイヤローテーションを行う場合もあります。

注意しなければならないのは、タイヤに方向性があるものはクロスローテーションはできません。

自分の車のタイヤに方向性があるかどうか、ですが、方向性(回転の方向)のあるタイヤは、タイヤのウォール部分(メーカーの名前やタイヤサイズが刻印してある場所)に矢印のマークがあるはずです。

こういったタイヤは、まあいってみれば高級タイヤがほとんどですが、片側だけの前後ローテーションしかできないので注意が必要です。

また、前後のタイヤサイズが違う車の場合もタイヤローテーションはできません。
(ニッサンのフェアレディなどが該当しますね)

ローテーションの時期ですが、走り方にもよって全く変わってきますが、山道などのコーナーの多い箇所をある程度のスピードで走る事が多い人なら5000キロごと、街中を普通に乗っているだけの人なら10000キロくらいで良いでしょう。

タイヤの寿命を延ばすためにも、タイヤローテーションはぜひ行ってみてください。

カー用品店などでもピットのある所であればやってくれますが、2000円~3000円の工賃が必要となります。

できれば簡単なオイルジャッキをホームセンターなどで購入し、自分で行うほうが安くあがります。

その場合、片側の前後にジャッキをかまし、(一つは車に搭載しているもの、一つは購入したジャッキ)片側を一気に行うほうが簡単です。
(もちろん、前後のみのローテーションの場合)

タイヤの交換の仕方ですが、ジャッキを当てたら最初からタイヤは浮かせない事。
ナットを全てゆるめてからタイヤを浮かすようにしてください。

ナットを締める時は、一つ締めたら次はとなりのナットを締めるのではなく、対象的な位置のナットから締めていきます。

5穴ホイールは、星を描くようにナットを締めていきます。

ジャッキを浮かせた状態の時は、手でナットが締まらなくなるまで締めておきます。

ジャッキをゆるめ、タイヤが動かない程度に軽く着地させた状態でナットレンチで締めますが、この時にあまり締めすぎない事が大事です。

がっちり締めようと足で踏みつけたりするのは厳禁。

適正なトルクで締める事ができるトルクレンチがベストですが、このあたりは詳しい人に習いながら感覚を覚えていくのが良いでしょう。

ローテーションをしてから100キロ程度走ったら、増し締めをかねてナットを軽く締め直して様子をみることが必要です。

タイヤローテーション程度は、女性でもぜひ自分で出来るようにしておくと良いですよ。





 カテゴリ
 タグ
None