10年くらい前ですか、ヘッドライトウィンカーなどが一カ所に集まった、いわゆるコンビネーションランプを呼ばれるものが、現在の車の大半を占めていますね。

確かに、コンビネーションランプは配線が一カ所に集中するため簡単で、しかもレンズも一体化のものもあって比較的安価にしやすいというメリットがあります。

が、このコンビネーションランプというのは、夜は非常に見にくいのです。

基本的に対向車のヘッドライトを直接見る人はいません。
目がくらんでしまいますからね。


しかしコンビネーションランプは、ヘッドライトのすぐ横にウィンカーが付いています。
正直、まぶしいヘッドライトのすぐそばにあるウィンカーは非常に見づらい。

対向車がウィンカーを出しているのかいないのか、瞬時に判断する事が難しいんです。


自動車メーカーは、このことをどう思っているのか?

ウィンカーというのは、車同士のコミュニケーションの手段です。
わざわざ目を背ける対象であるヘッドライトのすぐ横にウィンカーを持ってくるのはいかがなものか。

デザイン優先なのか、あるいはコスト優先なのか。

どちらにしても、安全を二の次にしているとしか思えないのです。


中にはご丁寧に、ヘッドライトの内側にウィンカーがあるという、ほとんど夜はいやがらせをしているようなデザインの車も存在します。


その分、サイドミラーにウィンカーを組み込んだりと工夫はしているようですが、同じコストをかけるのであればミラーに組み込む方がコストがかかるような気もします。


時代なのでしょうか、とにかくデザイン優先の車が多すぎると思います。