系のを所有している人は、特に洗車時は気を使っていると思います。

はキズが目立ちやすいですからね。


逆に言えば、きれいな状態であるなら系のはそのツヤっぽい美しさも映えるとも言えます。

そんな系ののオーナーには、このコーティング剤は強い味方になってくれるはず。


ピカピカレイン






このピカピカレインの最大の特徴は、「ガラス系」ではなく「ガラス」というもの。

ご存じのように、ガラスは固いですから多少の事ではキズになりません。
つまり、ガラス皮膜を塗装面の上に作ってしまうため、ワックスやコーティング剤に比べると桁違いの強さと持続性があるわけです。


ピカピカレインを施工すると、まさに鏡のようなツヤを得る事ができます。
ワックスなどの樹脂系でもツヤは得られますが、効果が無くなっていくスピードも速いですよね?

ピカピカレインを施工したは、汚れても水洗いだけでまた鏡のようなツヤが戻ってくるという手軽さが特徴です。


うたい文句の「3年間ワックス不要」ですが、条件があります。

それは、塗装面の下地処理を完璧にできてこその3年間だということ。

きれいに洗車をした後、クリーナーで汚れを取り去ります。
クリーナーというのはコンパウンドのようなものですが、コンパウンドのように塗装面を削ることなく塗装面のがんこな汚れをきれいに落としてくれるモノです。

ただし、塗装面に細かいキズが多く気になるのでしたら、極細コンパウンドでキズさえもきれいにして塗装面を完璧に平らにしておくほうがコーティングの効果が高くなります。


できれば粘土なども使い、塗装面に刺さっている鉄粉なども除去しましょう。

線路の近くに車を停めている人は特に粘土は活用したほうがいいでしょう。


そうして完璧な塗装面の下地を作ってからピカピカレインでコーティングをすることで、うたい文句のような3年間ワックス不要が実現するのです。


キモはやはり下地処理。

自信のない人はやはり専門業者にやってもらうほうがいいのでしょうが、ガラスコーティングを本格的に行うと7万円~の出費となります。


ピカピカレインは本格的なガラスコーティングと同様の効果が得られますので、自分でできる自信のある人にとっては”相当に”安上がりな方法だといえるでしょう。