最近発売される車、特に軽自動車やコンパクトカーでは、そのほとんどがアイドリングストップ技術が採用されていますね。

このアイドリングストップ、元々は”信号待ちの時にエンジンストップさせれば燃費が良くなるんじゃない?”という観点からの発想だと思います。


ただ、実際には燃費にさほど影響を及ぼさないわけで、アイドリングストップによる”燃費向上”に関しては、車メーカーはさほどアピールできないというお粗末な事に。


だからなのか、アイドリングストップは”環境にやさしい”という名目にすり替わってます。



環境にやさしい・・・だったら、大排気量の車や燃費の悪い車を作らなきゃいいのに、軽自動車やコンパクトカーではアイドリングストップだ環境だと言っておきながら、もう一方では富裕層向けに燃費の悪い大排気量車を作って、別文句で売ろうとしている。


車メーカーが決して、”本気で”環境に配慮して車作りをしているわけではない”ということはもうバレバレなんですけどね。


まあそれでも、アイドリングストップという微々たる事でも、お金と時間をかけて技術を作り出したことには敬意を表するわけですが、実際にアイドリングストップはメリットがあるのか?と言われると、燃費に関してはほとんどないです。


ほかにも、バッテリーに相当な負担をかけるため、アイドリングストップを採用している車には高性能で高価な大容量バッテリーが標準採用されています。


コンパクトカーでも、大容量で繰り返しに強いタイプのものが採用されていて、もしバッテリー上がりなどで交換するとしたら、約2万円の出費となります。

アイドリングストップの付いている車に乗っている方は、バッテリー上がりには十分に注意してくださいね。


まあ、アイドリングストップという技術も、現時点では”完成”ではなく、”過渡期”だと思うので、そのうちもっとバッテリーやセルモーターに負担のかからないタイプのものが出てくるかもしれませんね。


逆に、消えるかもしれません。

私も必要ないと思ってはいます。


ただ、今現在購入する車にはアイドリングストップが付いているものも多いですが、バッテリーの負担が極力少ないように、考えられるだけの対策はされているし、出足も気になるほど遅れるわけではありませんし、気に入らなければアイドリングストップのキャンセルスイッチがついているので、あまり気にせずに新車購入しましょう。






知ってがく然!あなたは相当、損してる!

⇒ 自動車保険をネットで契約