月別アーカイブ:2013年11月

2013年11月の記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

車関連ニュース
ヤマハと言えばオートバイ、つまり二輪の世界では有名ですが、ついに四輪自動車にも参入するようですよ。ヤマハファンには朗報?になるのかどうかわかりませんが、第一弾は1000ccの二人乗り、シティービークルだそうです。ハイブリッドにもなるそうですが、とりあえず東京モーターショー2013に出てきたのはガソリン車・・・いや、どうなんでしょうか、エンジンは本当に載せてるのかどうかもわかりませんが。ただこのヤマハの四輪車...

記事を読む

no-image

カーライフ全般
停車している場合は、基本的にはセーフです携帯電話やスマートフォンは、あくまでも車が走行中の時に操作したり、凝視したりすると違反となりますが、停車している時は違反とはなりません。これは信号待ちも同じで、運転中とはいえ停車中なので、厳密に言えば違反ではないのです。ただ警察官に、信号待ちなのに携帯電話やスマートフォンの操作違反をとがめられた場合、多くの場合はその前の運転中から操作をしていた、という場合が...

記事を読む

no-image

カーライフ全般
運転免許は、学生のうちに取っておくべきです。やはり社会人になってからは、仕事を休めないですし、仕事帰りに自動車学校へ通うとなると、予約は取れないし、夜間料金は上乗せされるしで、なんやかんやで通常の1.5倍くらいの費用がかかりますからね。AT限定普通車の合宿免許なら、20万円以下で取れる所もありますよ。⇒ 最短14日間の合宿免許 自炊プランなら168,000円~合宿免許は、合宿免許制度をやってる自動車教習所の近くに...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ヤマハが自動車業界に殴り込み!


ヤマハと言えばオートバイ、つまり二輪の世界では有名ですが、ついに四輪自動車にも参入するようですよ。

ヤマハファンには朗報?になるのかどうかわかりませんが、第一弾は1000ccの二人乗り、シティービークルだそうです。


ハイブリッドにもなるそうですが、とりあえず東京モーターショー2013に出てきたのはガソリン車・・・いや、どうなんでしょうか、エンジンは本当に載せてるのかどうかもわかりませんが。


ただこのヤマハの四輪車、注目されているのは初の四輪業界への殴り込み、ということだけではありません。


このシティービークルのデザインをしたのは、F1レースではおなじみのカーデザイナー、ゴードン・マレー氏。


まあ、ゴードン・マレー・デザイン社が制作ということなので、マレー氏本人がデザインしたかどうかは定かではありませんが、デザインに絡んでいる事は間違いないでしょう。


ゴードン・マレー氏といえば、F1のデザインをしていた時もちょっと奇抜なデザインをする人で、リアにプロペラをつけたフォーミューラマシンや、異様に平べったいゴキブリみたいなマシンとか、なんか人が考えつかないようなアイデアを本当に形にしてしまう人ですね。


顔見ても、ちょっとくせ者なのはわかる気がする、って風貌の人ですが。


奇抜なだけでなく、マクラーレンF1(市販車で真ん中にドライバーが乗るスーパーカー)のようなカッコイイ系のデザインもたくさん作ってます。


特にマクラーレンとホンダエンジンのマシン、MP4/4は、アイルトン・セナとアラン・プロストのコンビで無敵の強さを誇った事が記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。



現在は特に、市販車のデザインばかりを手がけているマレー氏ですが、やはりどの車もカッコイイデザインを次々に提案していますね。


ヤマハが本格的に四輪車を出してくるのはまだまだ先の話ですが、自動車メーカーは増えれば増えるほど、競争もコンセプト合戦もヒートアップしてくるので、これからはもっと自動車業界は面白くなってきますよ。


ヤマハはバイクや農業機械など幅広く手がけているから、そういった業界のノウハウとかを持ち込んできたら、誰もが思いつかないような性能を備えた車を開発する、そんな事が実際に起きる可能性だってありますからね。






スポンサーサイト
 カテゴリ

信号待ちでスマホを見ていた・・・違反?それともセーフ?


停車している場合は、基本的にはセーフです

携帯電話やスマートフォンは、あくまでも車が走行中の時に操作したり、凝視したりすると違反となりますが、停車している時は違反とはなりません。


これは信号待ちも同じで、運転中とはいえ停車中なので、厳密に言えば違反ではないのです


ただ警察官に、信号待ちなのに携帯電話やスマートフォンの操作違反をとがめられた場合、多くの場合はその前の運転中から操作をしていた、という場合が多いようですね。



あと、警察官の中にも信号待ちとはいえ運転中に変わりはないだろう、という事で反則切符を切ろうとする人もいるようですが、これは警察官の勉強不足。


まあ、全ての警察官が全ての法令を完璧に覚えているわけではないですから、このような事も起きうるわけです。


車に乗っている時は、疑われるようなマネはしないことです。



それに、たとえ信号待ちで停車しているからといって、携帯やスマホの操作に夢中になって青信号に変わっているのに気付かない場合も多く見られます。


後続車にとっては大変迷惑な行動なので、違反かどうかは別として、信号待ちも含めて”運転中”という意識をもっていてほしいものです。



基本、車を運転している時は、携帯やスマホを一切断ち切ったほうがいいです。


最近はブルートゥース機器を耳にかけて、ハンズフリーで運転している人も多くなりましたが、会話に集中してしまうと肝心の車の運転・操作のほうが必ずおろそかになります。


片手運転かどうか、ってのはあまり関係ないんですよ、本当は。




たとえ違反ではない(今のところ)ハンズフリーといえども、緊急時以外は会話やメール確認などせず、運転するときは運転に集中したほうがいい、と思いますよ。





運転免許は合宿なら短期間集中で取れる!


運転免許は、学生のうちに取っておくべきです。

やはり社会人になってからは、仕事を休めないですし、仕事帰りに自動車学校へ通うとなると、予約は取れないし、夜間料金は上乗せされるしで、なんやかんやで通常の1.5倍くらいの費用がかかりますからね。


AT限定普通車の合宿免許なら、20万円以下で取れる所もありますよ。

⇒ 最短14日間の合宿免許 自炊プランなら168,000円~



合宿免許は、合宿免許制度をやってる自動車教習所の近くに宿を借りて、団体で教習所に通いながら取る方法。

目的がみな一緒だから、仲良くなれますし、知らない人同士でも励まし合いながらがんばれるという、なにか特殊な雰囲気を味わう事ができます。





時間がある人は、通常の自動車学校に行くよりも、合宿免許のほうがメリットが断然大きいです。


免許取得だけを目的とした合宿なので、短期間集中で免許が取れます。
その分、費用も安く済みます。


実技の合間が開かないので、運転も早く上達します。
もちろん、キャンセル待ちなどのストレスからも解放されます。

スキーやスノボとセットで取れるパックもあります。



合宿免許は、いわば小旅行をしながら免許を取る感覚です。


知らない街に泊まりがけで旅行気分に浸りながら、運転免許を集中的に取ってしまうという効率的なやり方ですね。


冬休みや春休みなど、長期休みが取れる学生のうちに、運転免許は合宿方式でサクッと取ってしまいましょう。







Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。