月別アーカイブ:2014年01月

2014年01月の記事一覧。車のことでわからないこと、何でも解決!
no-image

カーライフ全般
車の燃費をさらにアップさせたい踏んだだけググッと前に出る!加速性能を良くしたいオーディオの音をもっと良くしたい車好きなら、このように思ってるはずでしょ?で、対策としてまず「初級」・スタートはゆっくり、アクセルは一定と燃費運転を心がける・オイルやガソリンの添加剤を入れてみた・エアフィルターを掃除した・空気圧を適正にする・高価なオーディオを購入したこれが「中級」になると・スパークプラグ、プラグコードを...

記事を読む

no-image

カーライフ全般
以前、若者の車離れについて記事を書かせてもらったことがありました→ 若者の車離れ 原因と対策はあるのかこの記事の中で、自動車免許を取得する費用が昔よりも高騰していると語りましたが、もしも長い期間の休みが取れる学生や、現在就職活動中の方は、車の免許をかなり安く、しかも短期間で取れる「合宿免許」をおすすめします。この「合宿免許」というのは、自動車免許を取るためだけにカリキュラムを集中させているため、AT...

記事を読む

no-image

カーライフ全般
冬になると、雪道や凍結した道路を走る機会も多くなります。そして必ず迷惑なドライバーが現れます。そう、雪道をノーマルタイヤで走行するふとどきもの達ですね(笑)。常識はずれのノロノロ運転をしているため、明らかに交通の妨げになるだけでなく、事故を起こす確率は格段に高くなります。坂道ではノーマルタイヤで動けなくなった車を放置して、路肩に停めたままにしているため、これらの駐車車両が道路の走行を阻害して事故を...

記事を読む

燃費・加速性能・電気系統・・・実は知ってる人だけが得してるという事実


車の燃費をさらにアップさせたい

踏んだだけググッと前に出る!加速性能を良くしたい

オーディオの音をもっと良くしたい


車好きなら、このように思ってるはずでしょ?


で、対策としてまず「初級」

・スタートはゆっくり、アクセルは一定と燃費運転を心がける
・オイルやガソリンの添加剤を入れてみた
・エアフィルターを掃除した
・空気圧を適正にする
・高価なオーディオを購入した


これが「中級」になると

・スパークプラグ、プラグコードを抵抗の少ないものに交換
・エアフィルターをスポーツタイプに交換
・オイルをグレードの高いものに変えた
・ATフルードを新品に入れ替えた
・スピーカーをウーハー、ツィーター共に良い物に交換



これ以上やったら、お金がいくらあっても足りない!

もう、燃費アップも加速力アップもオーディオの音質向上も、やることはぜーんぶやった!


と思っていませんか?



いいえ、まだあります!

もっと根本的な、それでいて最も大切な所を忘れています。





それは、バッテリーからの電流を、ロス無く各電気コードに伝えること

つまり、バッテリー周りのチューンナップです。




バッテリーから放たれた電流は、100%各コードに伝わりません。

そこには必ず、ロスが生じます。




このバッテリーから放たれる電流のロスを極力無くし、強い電流を各電気コードに送り込む事ができる画期的なアイテムがこれです。

ロケットパワーにんじん君ツインGT【e店屋.com 節約・節電110番】




知る人ぞ知る、車の性格がまるで変わる必殺アイテムです。



このふざけた名前のアイテムを知らずして、今以上愛車の燃費向上やパワーアップ、トルクアップを得ようとしても、それは無理です。


少し古めの車だと、劇的に変わります。

ガソリン添加剤やオイル添加剤などは、正直言うと効果なんて期待できません。


オクタン価アップの添加剤なども、エンジンがオクタン価に応じて、コンピュータで点火タイミングがチューンされてなければ、単にお金をドブに捨てているのと同じです。




プラグコードを抵抗の少ないものに変えたり、スパークプラグを電極が細い物に変えるのは効果ありますが、だったらなおさらバッテリーからの電流を強めないと恩恵が半減します。


スピーカーを交換するのは良いことですが、なおさら電流は強いほうが性能をフルに発揮できます。



現代の車は、コンピューターと電気の占める割合が大きく、半分電気自動車みたいなもの。

電気の質を上げる事こそ、車の性能を上げる事になるのです。




おそらく、この事実を知らない人のほうが多いと思いますが、一度ロケットパワーにんじん君GTを搭載すると、


「なんで早く気づかなかったんだろう・・・」


という後悔の念にかられること間違いないですよ。



※もっと詳しく見る

ロケットパワーにんじん君ツインGT







車の免許取るなら、合宿免許で費用はかなり安く抑えられます


以前、若者の車離れについて記事を書かせてもらったことがありました

→ 若者の車離れ 原因と対策はあるのか


この記事の中で、自動車免許を取得する費用が昔よりも高騰していると語りましたが、もしも長い期間の休みが取れる学生や、現在就職活動中の方は、車の免許をかなり安く、しかも短期間で取れる「合宿免許」をおすすめします。


この「合宿免許」というのは、自動車免許を取るためだけにカリキュラムを集中させているため、AT限定車であれば最短で14日で卒業できる、というものです。


MT車でも最短なら16日、これは魅力ですね。


もっとも、最大の魅力は費用で、通常なら30万~35万かかる取得費用が、合宿免許なら20万~25万で済んでしまいます。


しかも、今現在まとまったお金が無くても大丈夫!



卒業後に合宿費用をローンで支払えるシステムまで確立されているというのだから、至れり尽くせりだと思いませんか?


合宿免許は文字通り、合宿免許を行っている自動車教習所の近くに、ホテルや民宿を借りて泊まり込み、ひたすら毎日時自動車教習所で教習を受ける、というもの。


割引の種類も豊富で、WEBから申し込みするだけで割引とか、グループで申し込むと割引とか、いろいろと割引を合わせると、またさらに安く済んでしまうという場合もあるようです。


合宿のプランも豊富で、なんと温泉旅行気分で行けるものや、バイクも一緒に取得するプラン、カップルで泊まれるプラン・・・。


極めつけは、エステが付いてるプラン!


いったい何しに合宿するんだろう、って思いますが、まさに旅行気分で贅沢が味わえるプランも増えているようです。


安くて早く取れる合宿免許、お金がなくても時間さえあるのなら、いずれは必要になる運転免許証ですから、サクッと合宿免許で取ってしまう、というのも賢い選択だと思うのですが、いかがなものでしょうか?






車の免許なら合宿免許が安い!


雪道をノーマルタイヤで走行するのは道交法に違反するのか


冬になると、雪道や凍結した道路を走る機会も多くなります。

そして必ず迷惑なドライバーが現れます。

そう、雪道をノーマルタイヤで走行するふとどきもの達ですね(笑)。


常識はずれのノロノロ運転をしているため、明らかに交通の妨げになるだけでなく、事故を起こす確率は格段に高くなります。

坂道ではノーマルタイヤで動けなくなった車を放置して、路肩に停めたままにしているため、これらの駐車車両が道路の走行を阻害して事故を誘発する原因にもなるわけです。


雪道とわかっているのにノーマルタイヤで走行を試みる、こういった行為はドライバーとしては失格だと思いますね。



こういった危険な行為は、都道府県別に道路交通法の中の「道路交通法施行細則」に定められています。



各地方により記述は違いますが、内容的にはどの都道府県も同じで、ドライバーの守るべき行為として

”雪道は冬用タイヤを着用、またはチェーンなどのすべり止めを着装すること”



もちろん、これに違反した場合の罰則規定もあります。




が、この罰則規定は「道路交通法違反」だけではなく「刑法」で罰せられる場合もあります。

個人的には「迷惑防止条例」と合わせて罰して欲しいと思っていますが・・・(笑)。




しかし、

雪道をノーマルタイヤで走行する一番の問題は、事故を起こしやすい

ということなんです。


一人でスピンしてガードレールにぶつかるならまだしも、停まれずに追突したり、あるいはスピンしたところに追突されたりと、事故を起こす確率が格段に高い危険分子の存在になっているということ。


相手がある事故だと、それだけでも相手方に対し、物理的・精神的・時間的な損害を与えてしまうわけです。


もちろん、事故は双方の過失割合ですから、雪道をノーマルタイヤで走行している事自体が過失に値します。

自分が払うべき損害額が大きく膨らむだけ。
ろくな事になるわけがありません。



もし人身事故にでもなったら、過失傷害致死に問われる場合もあります。



ドライバーは、”重量2トンもある鉄のかたまりを動かしている”という危険性を、どんな状況でも意識してハンドルを握るべきで、相当な責任を持って運転をしている事を、今一度肝に銘じておくべきでしょう。


そう考えると、雪道をノーマルタイヤで走行するなどという危険きわまりない無謀な行為など、できるはずがありませんよね。





※近所へ買い物程度なら、意外と便利な「スプレー式タイヤチェーン」





※ジャッキアップせずに簡単装着が可能な非金属チェーン







Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら