洗車をする行為について、まず覚えておかなければならない事があります。それは、

洗車すると必ずキズはつくもの

ということ。

どんなにいい洗剤を選んだとしても、必ずキズはつきます。

洗車とは、キズをつける行為でもある、これは頭に入れておいて下さい。

この事実をふまえた上で、上手な洗車の方法の説明をします。


そもそも、キズがつくから洗車しないというわけにはいきません。
必ずキズがつくのが洗車なら、だったらなるべくキズを浅くする洗車の方法をかんがえましょう。

まず洗剤ですが、

泡立ちが良いもの
界面活性剤以外は入ってないもの
環境にいいもの


このようなものを選ぶ事が大切です。

泡立ちが良いものを選ぶ理由ですが、泡は洗車時のスポンジとボディーとの摩擦を軽減する役割をします。
極力、泡立ちが良いものであれば、キズは浅くて済むんですね。

界面活性剤以外は入ってないものを選ぶ理由ですが、いわゆるワックス入りやポリマー成分などが入っていないほうがいいということです。

このような成分は、汚れを落とす成分である界面活性剤の働きを弱めてしまいます。
カーシャンプーは、やはり汚れを落とす事に全力投球できるものでないと意味がないんです。

髪の毛を洗うもので一時はやった、リンスinシャンプーのような、どちらも中途半端な事になるのであれば、しっかりと汚れ落としに特化したものを選ぶべきですね。

環境に良いものを選ぶ、これは当たり前の話ですね。

さて、洗車の時、シャンプーはどのように使っているでしょうか?
正しい洗車の方法を順を追って解説していきましょう。


まずはバケツにシャンプーを適量入れます。多すぎても少なすぎてもダメなので、注意書きを良く読んでおきましょう。

ホースの水を上の方から水圧をかけて、バケツの中のシャンプーに注ぎ、その勢いで泡立てます。
思いっきり、バシャバシャと泡立てましょう。

次に、車全体にホースの水を勢いよくかけて、おおきな汚れやホコリなどを洗い流します。
ホコリや小さな砂ぼこりなどが残っていると、スポンジでこすった時におおきなキズとなりますからね。

おおかたの砂ぼこりやホコリを洗い流したら、いよいよ洗車します。

先ほど泡立てたバケツの中の泡を、スポンジですくい取ります。

その泡を、まず車の屋根部分につけながら、かる~くスポンジを滑らせるようにして塗装表面を洗っていきます。

屋根を一枚洗い終えたら、ホースの水で洗剤を洗い流します。
長い時間洗剤をボディーに乗せたままにしておくと、太陽光などでシミになるからです。

そして、屋根を洗い終えたスポンジは、バケツの中にたまった水の部分でかるく握ったりはなしたりしながらスポンジの中にはいりこんだ汚れを落としておきます。

汚れたままにして次の箇所を洗うと、そこのキズが深くなります。

このように、屋根→ボンネット→トランク→右サイド前部→右サイド後部→左サイド前部→左サイド後部→フロントフェース→リアフェースと、泡で洗う→流す→スポンジを洗う を繰り返していくのが最も浅いキズだけで洗車ができる方法です。

全てを洗い終わったら、吸水性の良い拭き取り用のセームなどで水分を拭き取って終了です。

愛車を5年後もキレイにしておくためにも、洗車の達人をめざしましょう!





 カテゴリ
 タグ
None