以前にもこちらに書いたのですが、コンビネーションランプについて、自動車メーカーは何を考えているのか?


確かに、コストダウンをしなければならない事はわかるのですが、だからといって夜間の安全をないがしろにしてでもコストダウンすることがいいのか?



ちなみに、コンビネーションランプというのは、ヘッドライト・ウインカー・コーナリングランプなどがワンセットでついている、最近の自動車はほとんどがこのコンビネーションランプを採用しています。



最初は冗談かとおもった、”ヘッドライトの更に内側にウインカーがついている”という、ふざけた仕様の車も随分と増えてきましたね。



あれを最初にデザインした人は、夜間に車に乗ったことがあるのでしょうか?


夜間は、対向車のヘッドライトを直視しませんよね?



もし対向車のヘッドライトを直視してしまったら、フレア現象といって、数秒間目の前が真っ白になって、前が見えにくい状態になってしまいます。



だからみな、ヘッドライトからは極力目をそらしているのに、強烈な光を浴びせてくるヘッドライトのすぐそばにウインカー・・・なぜ?



ふざけた仕様の車だと、ほんとうにヘッドライトの内側にウインカーがデザインされてます。


対向車がどう動くのか? 正直、夜はウインカーが頼りです。



ウインカーは、ドライバー同士のコミニュケーションツールなんですよ。


正直、ヘッドライトのすぐそばにウインカーがあるコンビネーションランプは、危険きわまりないと思います。



ヘッドライトの内側にあるウインカーなど、まるで”見てくれるな!”と言っているようです。


次から次へと出てくる新型車、ほとんどがヘッドライトの内側にウインカーがある”ふざけた”仕様の車ばかり。




自動車メーカーは何考えてるのか?

車が売れないからといって、わざとウインカーを見にくくさせて事故起こさせて、新しく車を買ってもらおう、という魂胆なのか?


車作りのプロである自動車メーカーも、路上の使い勝手まではわかっていないのでしょうか。

まさに、安全や使い勝手云々などどうでもいい、流行に乗って売れればいい、そういう考えで車を作るから、余計にでも若者は自動車に魅力を感じなくなるのでは?


ちょっと極端でしたが、コンビネーションランプは本当に夜見にくいのでやめてほしい、と思っています。