自転車の左側通行が、強制的に施行されましたね。

2013年12月1日から施行ということですが、まだ多くの人が守っていない状況みたいです。

今後は違反者には”場合によっては”でしょうが、5万円以下の罰金もありうるそうです。



ところで、自転車は車両の仲間なので、はじめから左側通行というのは決まりがあったはず。


それを今まで野放しにしておいて、急に罰金まで科す改正法というのもなんか納得いきませんよね。



まあこれも、自転車同士の正面衝突などが多発している現状を見ると、仕方のない事かもしれません。



だったら初めから、自転車にも免許・・・まではいかなくても、自転車に乗る人は講習を受けて、ちゃんとテストに受かってから乗るシステムを作っておくべきでしょう。



自転車愛好者にとっては、急に規制をかけるなんてひどい、と思っているかもしれませんね。



まあ、気持ちはわかりますが、昨今の自転車のマナーの悪さには閉口してしまう現状があります。




自転車だから何でもあり、みたいな風潮が作られてしまったのは残念ですし、だから規制が厳しくなるのも仕方のない事だとは思います。




自転車はエコだし手軽で便利な乗り物ですが、ぶつかれば他人を傷つけてしまう可能性が大きい乗り物。


だから交通ルール(特に信号と一時停止!)はしっかり守って乗らなければならない、という事を、小学校の高学年くらいになったらしっかりと講習などで教えるべきです。



その辺がおざなりになっているから、”何でもあり”みたいな風潮ができあがったのではないでしょうか。





今日も平気で赤信号を悪びれた様子もなく”完全に無視”して渡っている自転車がありました。


その時は車の信号が矢印信号だったため、そのせいで右折先で車の列が詰まり、完全に赤信号になったときには交差点内に後ろの方の車両が取り残されてしまう、という現場を目撃したばかり。



車の運転者からも「自転車をもっと取り締まれ」という声が大きかった事、パトカーの巡回でも自転車のマナーの悪さが目立っていた事などが、今回の道路交通法改正の発端になったのかもしれません。



まあ、自転車に乗る人がみなルールを守っていれば、こんな事にはならなかったのですが・・・。