最近の乗用車は、いわゆるコンビネーションランプが採用されています。

コンビネーションランプとは、ヘッドライトやウインカーなどの保安灯火類が一つにまとまっているもの。

これに対して、自動車メーカーに一言、言いたいことがあります。

自動車メーカーは、「安全」という側面を、単に「衝突した時に命が守れる」、という事だけに一生懸命になっているのでは?と思ってしまいます。

それは、このコンビネーションランプが原因です。

コンビネーションランプは見ての通り、ヘッドライトとウインカーが隣同士、あるいは距離が非常に近いのが特徴ですよね。

みなさんも経験があると思いますが、夜、対向車線の車のウインカーが見にくい、と思った事はありませんか?

ドライバーは、夜間の運転時、対向車のヘッドライトを直視しないように運転しているわけです。

ところが、最近の車はみなコンビネーションランプ。

ヘッドライトのそばにウインカーがあるわけです。

中にはご丁寧に、ヘッドライトよりも内側にウインカーが配置されているという、わけのわからない車まで登場しています。

昼間ならいいのですが、夜、コンビネーションランプは対向車が曲がるのかまっすぐ進むのか、非常にわかりづらい事が多くなりました。

このコンビネーションランプを各メーカーが採用している理由を想像してみました。

・電気系統の配線を一つにまとめた方が、コストが安くなる
・おなじく、メンテナンスがしやすい
・エンジンルームが煩雑になってきた昨今の車には、ウインカーを別の場所につけるスペースがない
・安全よりも、デザインを優先した
・ウインカーを見えづらくする事で事故を誘発させて、廃車同様の車が多くなる事で、結果として車が売れる事を期待している

まさか、最後の理由ではないとは思いますが・・・

車は夜間も乗るからヘッドライトが付いているわけです。

しかし、ヘッドライトは目がくらむので、視界に入らないように運転するのは当然のこと。

ヘッドライトのすぐそばにウインカーがあったら、その車がどのような動きをするのかを察知しにくいかもしれない、という事も容易に想像できるはずです。

自動車メーカーは、ただ単に売れればいい、という理由だけで車のデザインを決定しているのであれば、今一度、殺傷能力の高い重量物を販売しているという責任感をもっていただきたい。

本当の意味で「安全」って何なのか。

事故を起こしてからの後の命安全だけではなく、「事故が起きないような」自動車作りを目指していただきたいものです。