スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」が決して究極のエコカーとは言えないその理由とは


トヨタが満を持して、というか、意外と早くウワサの燃料電池自動車「MIRAI」を販売開始しました。

この燃料電池自動車「MIRAI」は、究極のエコカーと呼ばれています。


動力の原理は、車に積んである水素と空気中の酸素を反応させて電気を作り出し、その電気でモーターを動かして車を走らせるというもの。

水に電気を流すと、水素と酸素が取り出せるのは、中学校の理科の時間で習ったと思いますが、それの逆を車でやっちゃおうというもの。


だから、排ガスの代わりに出るのは「水」のみ。



これだけ聞くと、

「なんだ、CO2も出さず、有害な排ガスも出ないんだから、究極のエコカーじゃないか」

と思うかもしれませんね。



でも待ってください。

実は、「MIRAI」に積み込むための水素を作るのには、大量の石油を燃やして電気を作り、それで水素そのものを作るしか方法がないわけです。


つまり、水素を作る段階で大量のCO2や有害ガスは出るため、「MIRAI」だけに注目すれば究極のエコカーですが、取り巻く環境全体を見れば、決して究極のエコカーとは言えないのが現状です。


もちろん、通常のガソリンエンジンの車などに比べれば、エネルギー効率は良いので、全体としてはエコに貢献することにはなります。



「MIRAI」が本当の意味で”究極のエコカー”となるには、水素の作り方を、現在の火力発電に頼る方法からの脱却が必要となります。


代替となりうる方法として、太陽光発電、水力・風力発電、地熱発電、天然ガス、メタンハイドレードの利用などが上げられていますが、まだ実用段階ではないようです。


原子力発電もありますが、今は複雑な問題を抱えているため、すぐに原子力にというわけにはいかないでしょう。


このあたりが解決されれば、それこそ究極のエコカーとして、「MIRAI」は世界中から賞賛される存在になるはずです。

なにしろ燃料電池自動車に関しては、日本は世界一の技術保有国ですからね。



また、水素ステーションなどのインフラに関しては、時間とともに解決されると思うので心配はないでしょう。

燃料電池自動車が増えるに従って、水素ステーションは増えていくでしょうし。


いずれにせよ、長らく主流であったガソリンエンジンの車は、今後は徐々に消えていく運命になると思います。



 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。