超がつくほど高画質で、車の前後を録画できるドライブレコーダー。
しかもこれだけ高性能なのにこの価格!


なぜ前後撮れるドライブレコーダーが必要か?


当然ですが、あおり運転に対する対策です。
前方だけだと、通常の事故に対する録画という色合いだけですが、これだけ騒がれていてもまだ、あおり運転を繰り返し輩は多いです。

しつこいあおり運転、危険運転の場合、ナンバープレートまでしっかり認識できるような後方録画カメラがあると、万が一トラブルになった時にも証拠として提出できます。

あおり運転 ドラレコ 

また、後方にカメラが付いているのがわかれば、近づいてこない車も増えるでしょう。

実際、「後方録画中」というステッカーを貼っている友人は、後ろの車が車間距離を開けるようになったと感じているようで、トラブルを未然に防ぐ意味でも有効だと言ってます。

もちろんですが、信号待ちでの追突事故などにも対応できます。

ZDR-015は基本性能が優れているのでおすすめ


数円円でもドライブレコーダーは購入できますが、それだと万が一の時に相手のナンバープレートが確認できなかったり、信号の色が不鮮明だったり、そもそも事故の様子がぼやけてよくわからない、という事が発生します。

ZDR-015なら、

・フルHDで録画(前後どちらも200万画素)
・GPS搭載で位置の確認&時刻が正確
・HDRとWDRが両方搭載なので白飛びとは無縁
・日本全国のLED信号にも対応
・カーナビ、テレビアンテナ等のノイズ対策も完璧
・駐車監視オプションが選択可能

これほどの内容でこの価格、かなりお買い得だと思います。

ZDR-015に欠点はあるか?


ZDR-015は、真横からの映像には対処していません。

だったら360度すべて見渡せるドラレコのほうがいいのでは?と思われるでしょうね。

ただ、360度見渡せるタイプのドラレコは、詳しいナンバープレートまでは確認するのが困難です。

また、あおり運転をするドライバーに対してあおり運転を躊躇させるためには、ドラレコを装備している事が後ろからわかったほうが都合がいいのです。

事故に対する対策としては、前後のドライブレコーダーは完璧とはいえませんが、それでも衝撃の瞬間の前後は録画できますし、状況証拠としては通用するでしょう。

なにより、あおり運転から身を守る自己防衛運転のためには、前後にドライブレコーダーを付けておく事は、前方オンリーよりもかなり有効だと思われます。

また、ZDR-015のメーカーであるコムテックは、日本のドラレコ・レーダー部門では、ユピテルと共にトップクラスのメーカーなので、安心できるはずです。












 カテゴリ
 タグ
None