今時の車やバイクでサビだらけのものって、あまり見ないですよね。

これは、塗装の技術などが上がった為、サビが発生しにくくなっている為でしょう。

とはいえ、塗装がはげて地金(元の鉄板)がむきだしになったりした場合は、やはりそこからサビは発生します。

しかも、最初は小さなキズがもとで塗装がはげたとしても、塗装の膜はポロポロと落ちるようになっていますので、サビはどんどん広がる事になります。

万が一小さなキズが出来て塗装の膜(塗膜)がはげた場合、そこからサビが広がる可能性があるので、必ずタッチアップペンなどで地金を塗膜でふさいでおく事が必要となります。

また、一昔前は下回り(車体の下)は車検でシャーシブラックという塗装を行っていたものですが、最近の車には行わないのが慣例です。

そのため、下回りは特にサビに気をつけるようにしましょう。

もしも出来てしまったサビは、ワイヤーブラシなどでキレイに根こそぎ落とし、さび止め塗装などを施すと良いでしょう。

ワイヤーブラシなどで大がかりになるのがイヤなら、サビ落とし用のクリームなどもあります。

ただし、根こそぎは無理なので放っておくとまたサビが広がる可能性もありますが。

余談ですが、ステンレスというのはサビるのか?という質問をよく見かけます。

正解は、ステンレスはサビ難い、です。

サビないわけではありませんが、滅多な事ではサビません。

ステンレスなのにサビた」

というのは、ほとんどが”もらいサビ”といって、ステンレス部分に他の金属が付着して、その付着した金属がサビたために、見た目的にはステンレスがサビているように見えるのです。

とにかく、小さな塗装はげは見つけ次第、タッチアップペンで塗膜を作っておくことが大事ですよ。

放っておくと、どんどんサビは広がりますから。