タイヤワックス自体を否定しているわけではありませんが、あまりにも粗悪なタイヤワックスが多い気がします。

特に、量販店などで安価で売られているものは、タイヤのツヤ出しには効果があるのでしょうが、タイヤの保護にはほど遠いものが多いのも事実。

1,2年も使用を続けると、ひび割れが多く出てしまいます。

本来、タイヤは種類にもよりますが、1,2年でひび割れるものではありません。

しかし、1、2年しか使用していないのに、ひび割れが目立つタイヤがあまりにも多いのです。

タイヤワックスは、絶対に安価なものは使わないようにしたほうがいいでしょう。

ただ、ひび割れたタイヤだからといって、すぐにどうこうという事もないです。

実際、ひび割れタイヤを5年くらい使い続けても、トラブルが起きたという話は少ないです。

もちろん、スポーツ走行などをすると危険な場合もありますが、通常の使用ならひび割れ程度は大丈夫ですが。

とはいえ、ひび割れたタイヤは見た目も悪いですし、ひび割れ具合によってはそこからバーストという事も考えられないわけではありません。

もし、あなたの車のタイヤがまだ2、3年以内の使用期間で、すでに表面がひび割れが目立つようであれば、そのタイヤワックスは使用しないでください。

タイヤワックスに限らず、よくわからないメーカーの安い商品より、しっかりしたメーカーのある程度値段のするものを使う事は、結局の所、車の部品を長持ちさせる事につながります。


 カテゴリ