スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

虫の死骸は放っておいてはダメ


夏が近づき、車にも特にフロント周り虫の死骸が付く季節になりました。

この虫の死骸、放っておいてはいけません。

クリア塗装はもちろん、塗装そのものを浸食してしまう事もあるのです。

なるべく、1週間以内にきれいに洗車して、虫の死骸を塗装面に残さない事が重要です。


とはいえ、虫の死骸を防ぐ方法はフロント周りにマスク(黒い布状の物)をつけるしかないのですが、極力マスクはつけたくないのであれば、やはりワックスをしっかりとかけておく事が一番の方法です。

ワックスも、できればカルナバワックスを塗り込んでおく事をオススメします。

カルナバワックスの効果はこちらで確認していただくとして、ワックスをぬっておけば、付いた虫の死骸を簡単に落とす事が可能です。

また、ワックスの層に守られる事で、塗装面にまで虫の死骸が浸食することを遅らせる事ができます。

面倒だからと虫の死骸を放っておいたがために、パネル一枚全塗装するハメになってもばからしいですからね。


Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。