スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ウインカー(方向指示器)を出さない・・・


ここ数年、ウインカーを出さずに右左折するドライバーが増えています。

ウインカーは、方向指示器の名の通り、自分がどちらへ行きたいかを周りの車にアピールするための手段なんです。

運転が上手い人は、ウインカーを上手に使うため、事故が少ないわけです。

他車のウインカーの点滅を見て、相手の車の動きを理解して自分が車を動かしたという経験、誰にでもあるはずです。

逆に見れば、自分の車のウインカーをみて、他車が動いてくれているから事故になっていないのです。

自分を主観的にだけでなく、客観的に見る事のできる人であれば、こういった事が理解できるはず。


周りに車がいないからウインカーを出さない、という人もいます。

ただ、経験上、そういう主張をする人は、あまり周囲を見ながら運転をしていない、いわゆる「運転がヘタな人」が多いですね。

実は自分が気付いてないだけで、人や車が死角にいた、というのは案外多いもの。


ウインカーを出さなかった為に事故になった例はたくさんあります。

特に交差点での右折と直進、いわゆる右直事故。

相手がまっすぐ来ると思っていたのに、突然右折されたためにブレーキが間に合わなかったりする例。


また、2車線で車線変更する時、ウインカーを出さずに右レーンに寄ったため、右レーンから追い越しをかけてきた車と接触する例。


ウインカーを出さなかった為に直進だと思ったバイクや自転車が、車の左側を追い抜こうとして巻き込む例。


ウインカーが出てなかったので横断歩道を安心してまっすぐに歩いていたら、突然車が曲がってきて歩行者と接触する例。

ほかにも、ウインカーが出ていなかったために自車の動きをわかってもらえず、危ない思いをした人も多いのではないでしょうか。

ウインカーは、単なる方向指示をする光だけじゃありません。

ウインカーは、車同士のコミュニケーションのツールなんです。

車に乗っている時は、対向車や後ろの車、歩行者自転車などと直接会話はできません。

「こっちへ曲がるよ」と口で言えないわけですから、ウインカーを出す事で周りの車に「あ、あの車はこっちへ曲がるんだな」という事を理解してもらえるわけです。

あと、注意しなければならないのが、普段はちゃんとウインカーを出す人でも、ウインカーの出し忘れ、あるいは出していたけど何らかの動きをしたためにウインカーが戻ってしまい、結果出してない状態になっている場合。

もちろん、本人の不注意ですから、曲がる時にはちゃんとウインカーを出していなければなりません。

ただ、ウインカーを出していない車の後ろについた時や、ウインカーを出さずに直前を曲がられた時などは、正直ムカッとする時もあるでしょう。

しかし、そこは大人として我慢しましょう。そしてこのように自分で納得してください。

「ウインカーも出せないなんて、よっぽど余裕のないヘタな運転手なんだな」

「ま、ウインカーの出し忘れかもしれないな」

「まあ、自分が腹を立てても仕方ない。あのような車は、いずれ危ない思いをするか、痛い目に逢うんだから」

このようなおおらかな気持ちで常にハンドルを握っていましょう。

運転の上手い人というのは、常に周りにも気を遣う「余裕」があるもの。

ヘタな人ほど、「自分はウインカー出さなくても普通に曲がれるんだ」と思っていますが、それって、運転に余裕が無い証拠ですからね。

要は、自分が周りに不快な思いをさせず、安全に運転できていればそれでいいんですよ。










 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。