スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

燃費のいい走り方って実際にはどうすれば?


燃費の良い走り方・・・・結構知らない人が多いみたいですね。

確かに、今時の車は燃費が良いのですが、その車の持つ最大限の燃費をクリアしている人はごく少数のような気がします。

これは、走り方を観察するとよくわかります。

では、実際に燃費をよくする走り方は?


その前に、燃費を良くするには大きく2つやり方があります。

まず一つは、これからお話する「車の走らせ方」。

もう一つは、「車の改造及び燃料添加物の使用」です。

今回は改造や燃料添加物に関する話はしませんが、要はスパークプラグやプラグコードを高性能な物に換えたり、エアフィルターをいいものに換えたり、マフラーを換えたりといったものや、燃料を入れるときにオクタン価を高くする添加物を入れたりすることです。

が、そのためにかなりの出費になるわけで、長い目で見れば良いことかもしれませんが、即効性という意味では今回は走り方にだけ特化します。

さて、燃費を良くするためには、まずアクセルの開け方(アクセルの踏み方)が最も重要です。

スタート時、5秒で20km以下、スピードに乗った後も、アクセル開度は一定が基本です。

急加速は最も燃料を消費しますので、タブーですよ。

そして、以外と皆さん知らないのが、アクセルオフの時は燃料がカットされるということ。

つまり、一定のスピードが出ている状態で足をアクセルから離すと、エンジンに燃料が供給されません。

燃料がエンジンに供給されていませんが、その間、惰性で走る事で距離が稼げますよね?

この惰性運転を上手に利用しましょう。

例えば、前方が車が混んでいる時や赤信号の時、ギリギリまでアクセルを踏んでいってブレーキでググッっと停まる人が多いですね。

でも、前方でどちらにしても停まるのであれば、その場所へ行くまではアクセルオフで燃料を使わずに惰性で走っていけばいいのです。

そしてゆっくりとブレーキを踏んで停止すれば、車のボディーにもタイヤにもやさしい運転になります。

エンジンはコンピューター制御ですので、停止しそうになったらアイドリング用に再び燃料が供給されるようにできてます。


そして、車間距離はしっかりと取っておくこと。

車間距離が詰まっていると、どうしても前の車の挙動に左右されがち。

前の車がブレーキを踏んだり速度を落としたり上げたりするのにつられて、こちらもアクセルをオン・オフを繰り返してしまいがちです。

アクセルのオン・オフの繰り返しは、急発進に近い挙動になりますので燃費の悪化につながります。


燃費を良くする走り方のポイントは、

※アクセルはオンオフをなるべく繰り返さず、一定の開度を保つ
※惰性運転を上手に利用する

これだけでもかなり変わってくるはずですよ。


 カテゴリ
 タグ
燃費  

コメント (1)

No title

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)
インターネットマーケティングの戦略 URL 2011-03-23 04:17

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。