スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

自動車”中型免許”と”大型免許”の違い


やはり免許改正に関する疑問は尽きないようですね。

免許改正後、混乱も多いようです。

さて、免許を更新した人はわかると思いますが、改正以前の旧免許取得者の”免許の条件”欄には、「中型車は8tに限る」という項目が追加されています。

この8tというのは車両総重量の事です。最大積載量が8tではありません。

つまり、2007年6月以前に普通免許を取っている、旧免許所有者の人が乗れるのは、現在でも

乗車定員→10名以下
最大積載量→5トン以下
車両総重量→8トン以下


です。


2007年6月以降の、新免許になってから免許を取った人が乗れるのは、

乗車定員→10名以下
最大積載量→3トン以下
車両総重量→5トン以下


です。


そして、旧免許の人・新免許の人が共に中型免許」を新たに取得した場合に乗れるのは、

乗車定員→29名以下
最大積載量→6.5トン以下
車両総重量→11トン以下



となります。

従って、道を走っているトラックの、いわゆる4トン車と呼ばれるトラックに普通免許で乗れるのは、旧免許を持っている人だけです。

新免許での普通免許の場合であれば、2t車と呼ばれるトラックならほとんど大丈夫でしょう。

ちなみに、車両総重量というのは、風袋(荷物等がカラの状態で、車そのものの重量)+荷持の重要=車両総重量となります。

車それぞれに、最大積載量が決まっているためいちがいに2トン車なら大丈夫とは言えないかもしれませんが・・・。


また、新免許になってから変わった事もあります。

例えば、普通免許は車両総重量が8トンまでしか乗れませんが、車両総重量が8トンよりも上の、いわゆる大型車に乗った場合、2007年6月以前であれば、それは「無免許」でした。

が、2007年6月以降では、これは単なる「条件違反」で済んでしまいます。

今まで重罪だったものが、新免許制度では軽微は違反で済んでしまうことになります。


もちろん、これはおかしな話であるため、いつまでこの状態が続くかはわかりません。

警察もひょっとすると、この矛盾を改正する動きを見せる可能性がないとも限りませんね・・。


もちろん、今なら軽微な違反で済むからといって、条件違反の車に乗るような事は絶対にしないようにしてくださいね(笑)


また、2007年6月以前に大型免許を取っている人にも、条件欄に「中型車は8tに限る」とありますが、下の免許の種類の欄に「大型」「普通」と2つとも表記されていますので、実質、重量の条件はないのと同様です。

だったら「中型車は8tに限る」をわざわざ書く必要はないと思われますが、これは単純に旧免許からの移行者である事がわかるようになっているだけのようです。


Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。