普段の生活の中で、最も高度な技術を要すると思われるのは、やはり車庫入れではないでしょうか。

縦列駐車とか、いつまでたっても上手にならない・・・と嘆く人が多い気がします。

さて、実際に車庫入れ駐車が上手い人は、どのような運転をしているのか?

その前に、車の車庫入れ駐車が上手くない人は、どのような運転をしているのか、をちょと観察してみた事があるんです。

車庫入れ駐車が上手くない人に共通するのは、

※後ろを見ながら駐車する

※窓を開けて、右後ろを確認しながら駐車する

このように、首を後ろに向けて駐車する人が多いような気がします。


・・・? 

でも、教習所では必ず首を後ろに向けて安全を確認しながらバックしてましたよね?

しかし、ここに大きな落とし穴があるんです。


駐車する、ということは、そこの場所の安全をまず確かめておく、これは基本です。

車を動かしている最中に首を後ろに向けるのは、実は運転姿勢としては不自然なんです。

安全を確かめるのであれば、バックミラーかバックモニターをちらっと見るほうがいいんですね。


そこで、上手な駐車のやり方ですが、

最も活用するのは、実はドアミラー


まず下準備として、運転席に座った時に、ドアミラーの向きを確かめて下さい。

ドアミラーに車のボディーが4分の1ほどちゃんと映っていますか?

そして、ドアミラーが上を向いていませんか?


さらに、ドアミラーに車のボディーと共に、地面(駐車場の白線)が映るようにしておくんです。

多くの人は、ドアミラーの向きが上過ぎるんです。


車というのは、後ろのタイヤ(リアタイヤ)は固定しています。

向きを変えるのは、前タイヤ(フロントタイヤ)なわけです。


従って、右にハンドルを切りながらバックする時は、右のリアタイヤがちょうどコンパスの中心のような働きをし、右のリアタイヤを中心に左回りに円を描くように車が動くわけです。

これをしっかりと理解しておけば、車が両隣に停まっている所でも確実に一発で入れます。
とはいえ、あまりに狭い所はやめておきましょうね(笑)

駐車できたとしても、ドアが開かないって事態を生むことになりますから。


さて、確実に自車の車幅で充分入れる場所を見つけたら、その場所の安全をまず確認します。

1

この時、ドアミラーで右側の駐車車両と自車のボディーが映るようにしておきます。

赤丸の部分に注意し、このあたりがコンパスの中心だと思ってください。

次に、ハンドルを切りながらコンパスの中心から円を描くようにゆっくりとバックします。

この時、ドアミラーを見ながら、駐車車両とボディーの間隔を保ちながらも、コンパスが円を描く要領でゆっくりと自車を回転させていく感じです。

2


コンパスで円を描きながらも、この時左前に注意を向けてください。

右のドアミラーを見つつ、左前も時々見るんですね。

さらに駐車スペースへ入っていくと、左側の駐車車両と自車の左後ろを、左のドアミラーで確認しながら車を動かしていきましょう。

3

どうでしょう? 後ろをふりむく必要などありませんよね?

コツとしては、この例の場合は右リアタイヤあたりがコンパスの中心であり、そこを中心に自車が回っていくわけですから、右の駐車車両には、自車の右リアタイヤが通過すれば、絶対に当たる事はありません。

右リアタイヤを上手に通過させれば、あとは左前を目視で、左後ろを左のドアミラーで確認しながら下がっていけばいいわけですね。

言葉ではいろいろと説明するのでややこしいかもしれませんが、ドアミラーを見ながら回っていけば、以外と簡単な事がわかるはず。

最近はバックモニターがついている車も多いですが、バックモニターはあくまでも障害物や小さな子どもがいるかどうか、などの確認にとどめておいた方がいいです。

車幅の間隔は、バックモニターではわかりづらいですしね。

そのあたりは、なんどもドアミラーを見ながら駐車する練習をしてみるしかありません。

決して、後ろを向きがら駐車しようとすると、左右の車のどちらかに当たってしまう可能性が大きいですよ。