さて、車庫証明に正式な名前があるのかどうか?、まあどうでもいい話でしょうが、一般的には「シャコショー」と呼ばれていますよね?

正式には、「自動車保管場所証明」となります。

ここでは車庫証明と呼んでいきますが、車庫証明を取る際に必要な書類等は、都道府県によって若干違いがある場合もあるので最終的にはご自分でも確認が必要ですが、大体これらが必要というものをご紹介していきます。

まず必ず必要となるのは「車検証のコピー」「印鑑証明書」「住民票」となります。
保管場所によっては「委任状」なども必要になるかもしれませんが、上記3つを揃えておけばだいたいオーケーでしょう。

書類については各警察署の窓口で配布しています。

手数料を払うことで、自動車を購入したディーラーや中古車屋で車庫証明は代行してくれるところがあります。
手間と時間を考えると、1万円程度でできますので代行してもらったほうが普通はお得だという事です。