車にワックスをかけるとき、なんか重たいなぁと感じたことありませんか?

ワックスがけが重いということは、おそらくワックス拭き取りも重いはず。
しかも、ワックス用のスポンジに汚れがたくさんついたり、拭き取りウエスにも汚れがつくはずです。

ワックスがけが重いのは、実は下地作りができていない証拠。
汚れがしっかりと落ちてないということです。

洗車シャンプーだけでは、ごく表面の汚れだけしか落とすことはできません。
塗装面にこびりついた、がんこな黒ずみは取れないんです。


洗車後に、クリーナーで汚れを全て除去しておかなければダメです。
コンパウンドが含まれているものなら、塗装面を平にしてくれるので、ワックスがけが驚くほど軽くなります。

もちろん、拭き取りも軽くできます。
均一な平らな面にワックスがけするので、ワックスもよく効いて、しかも長持ちします。

女性なら理解できると思いますが、お化粧乗りが良い時って、下地である肌そのものの状態が良いときですよね?
あれと同じです。
車の化粧だって、下地が平で均一な面に乗せれば乗りがよく、長持ちするんです。

クリーナーがけはいいことづくめ。
ただし、洗車の後にもう一行程増えるために皆面倒くさいとおもってやらないんです。

でも、これをやることで後々の作業が見違えるほど楽になります。
毎回でなくてもいいんですからね。

時々、思い出した時にクリーナーがけをしてみてください。
ワックスがけと拭き取りの軽さを知ったら、毎回やりたくなりますよ、クリーナーがけ。






.







 カテゴリ
 タグ