燃費を良くする方法ですが、ハード面のひとつとしてタイヤの空気圧を適正にする、という方法があります。

マイカーの適正空気圧については、運転席のドアを開けたら、ドアのヒンジ部分に空気圧を記したシールが貼ってあるのが一般的です。

適正な空気圧で走る事は車の燃費を最大限に引き出す要素となります。

そのためにも、常にマイカーの適正空気圧をエアゲージで測る事が一番です。




一週間に一度はエアゲージで適正空気圧にする事を意識すれば、走りに関する意識もかわってくるはずです。

一つ注意することは、4輪すべてを同じ圧にすること。

左右や前後で空気圧が違うと、タイヤの片減りやハンドル操作に悪影響を与えたりしますからね。

さらに、空気圧は適正よりもほんの少し高めにすると、燃費向上につながります。
ただし、スタッドレスタイヤなどは空気圧は適正にしたほうがいいです。


また、エアゲージは商品によって個体差がある場合があります。

数値が少し高めに出るもの、低めに出る物などもありますので、一度ディーラーなどでプロ用のエアゲージで正確なエア圧を測ってもらい、直後に自分が持っているエアゲージで測って誤差を覚えておくといいでしょう。


ちなみに私の持っているエアゲージは少し高めの表示が出るので、エアコンプレッサーなどで空気を入れた時は数値よりも誤差分を高めに入れるようにしています。

エアコンプレッサーにも圧が表示されるものがありますが、それも誤差を測っておくといいでしょう。









 カテゴリ
 タグ
None