スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

バックモニターの恐怖・・・


最近の車にはバックモニターがついているものも多くなりましたね。

バック駐車が苦手な人にとっては、とてもありがたい装置だと思います。


しかし、バックモニターはあくまでも「補助装置」としての位置づけ。

駐車スペースに障害物がないか、を確認するだけにとどめておくべきです。


なぜなら、バックモニターの種類によっては見えない死角が出てくるから。

その死角とは、おもに上方向です。



ミニバンタイプの車だと背が高いので、意外と上部にある支柱や掲示板などがバックモニターに映りにくいんですね。

かくいう私も、ミニバンをバックモニターだけでバック駐車させようとして、案内板のようなものに当てた事があります。

バックモニター上では何もないのに、突然、車両に衝撃がくるのでけっこうびっくりします。



バック駐車を上手の行うためには、駐車するスペースをまずは目視で確認しましょう。

そのときにマイカーが入るスペースの、上下左右すべての空間に障害物が無いことを確認します。

同時に、マイカーを駐車した時の感じをイメージすること。


駐車した感じをイメージする事は大切で、コツとしてはその場を上方から見るような感じ です。

鳥の目の目線ですね。



ここをきちんとイメージできれば、駐車するための切り返しまでどのくらい車を前方に出し、どのくらいハンドルを切ればいいか、というのがだんだんと正確にできるようになってきます。


なんでもそうですが、駐車も繰り返しの練習で上手になっていきます。

ただ、慣れていないうちはマイカーを入れるスペースの安全確認、これだけは絶対に行ってください。






Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。