スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ダッシュボートの映り込みをなくす方法


セダンタイプの車を運転していて、フロントガラスにダッシュボードの反射が映り込んでそれが気になる、ということはありませんか?

まあ、ダッシュボードの映り込みを気にしなければいいのでしょうが、あのうっとおしい映り込みが魔法のようになくなる方法があります。


偏光サングラスというのをご存じでしょうか?

偏光サングラスというのは、普通のサングラスと見た目は同じなんですが、レンズとレンズの間に偏光フィルターというものが挟まれて、上下方向からの(特に下方向)からの光の反射を軽減してくれるサングラス。


偏光サングラスは主に、釣りをするときとかに使うのですが、ドライブで使うとフロントガラスに映り込むダッシュボードなどのカゲを消すことができます。


偏光サングラス



私が普段使っている、ポリスの偏光サングラスがこれ

police 偏光サングラス


晴れた日などは特に重宝しています。

偏光サングラスは大変よくできたサングラスで、メリットも多いですが、当然デメリットもあります。

このメリットとでデメリットを良く理解した上で使えば、快適なドライブを手に入れる事ができます。




偏光サングラスのメリット

・フロントガラスの映り込みがほぼなくなる
・余計なまぶしさ、ぎらつきがなくなる
・モノの輪郭(コントラスト)がはっきりと見える
・カメラで言う白飛び状態がないので、太陽光の下でも白いモノもはっきりと見える


偏光サングラスのデメリット

・通常のサングラスよりも色が濃いめなので、トンネルなどでははずさなければならない
・プラスチックレンズよりもガラスレンズのほうがきれいに見えるが、ガラスは重い
・プラスチックレンズの場合、熱による変形に注意(偏光フィルターが機能しなくなることも)
・リアガラスなどは、格子状に黒い影が映る(特にヨーロッパ車などはひどいです)



偏光フィルターそのものにはさほど性能の差はありませんが、安物のサングラスの場合は偏光フィルターを挟み込んでいるレンズに問題がある場合が多く、逆に目を痛める可能性があります。
安物は絶対に購入すべきではないでしょう。

そういう意味ではTALEXの偏光サングラスが最も性能が良いことで知られていますがかなり高価なものが多いのも事実。

TALEXのレンズでなくても1万円前後である程度知られたブランドのものならば、丁寧に扱えば良いモノのほうが多いですよ。








Copyright © カーライフ研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。